人生・セミリタイア

【あなたの年齢、今何時?】テレフォン人生相談から得た、人生の気付き

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

最近、作業用音声としてYouTubeにアップされている「テレフォン人生相談」を聴いています。
今日はそこから得た、とある人生の気付きについてお伝えします。

人生相談が好き

たくさんの人生を体感できるから

人生相談は、読むのも聞くのも好きです。
「こんな人生もあるんだ」「こんな事が起こるんだ」「こういう事で悩むものなのか」と、自分以外の人生を体感できるのがいいです。

例えば私は独身で子供はいませんが、同年代の主婦の悩みを聞いていると、夫がいたら、子供がいたら、こんな悩みが生じるものなんだなぁと想像することができます。

回答者の先生方が凄い

また、それに対応する先生方の洞察力の深さや潔い回答に、感心しています。
中でも素晴らしいと思うのが、相談者が言っていないことをズバッと言い当てる場面。

「もしかしてあなた、こんなこと考えているんじゃありません?」
「○○って、実はこういうことなんじゃないんですか?」

相談者のちょっとした声色、ものの言い方を感じ取って真実を見抜く力が素晴らしい。本人自体も「ああ、本当はそこが不満だったのか」「そういうことだったのか」と、意外な気付きを得ることも。
または、意図して隠していたことを指摘されることで、開き直ったり。(相手が散々悪いように言っていて、実は自分は不貞行為をしていたとか)

「これが人を見る目なのか」と感心するばかりです。

とある人生相談の回答が秀逸だった

生きる力を失くしてしまった相談者

そんな中、印象に残った相談のやり取りがありました。

相談者は60代の女性。
若い頃は親の暴力や借金に悩まされ、働きながら借金を完済。
結婚したものの夫は早々に亡くなってしまい、女手1つで子供を養育せざるを得ない事態に。

必死で働く中、がんが発覚。
治療で辛い状態でありながらも、生活を支えるために働く日々。
ドラマのような、苦労の絶えない人生を歩んでこられた方でした。

そして60代になってようやく治療も終わり、子供も成人。
そこから急に、「人生終わりでもいいや」「がんが再発しても、治療しなくてもいいかな」と感じるように。
生きがいも何も感じられない、もぬけの殻の状態になってしまい、相談をしたようです。

先生の回答が素晴らしかった

それに対する、先生の回答が素敵でした。

「あのね、あなたはこれまでの人生ずっと、色々な事に対応していたのね。それが急になくなったから、やりがいを失くしているのね」

「ずーーーっと頑張ってきたんだから、休んでいいんだよ。自分の時間を楽しんでいいんだよ

「だってさ、あなた60代でしょ? 1日の時間で言ったら夜の6時。やっと仕事が終わってこれから何しよう?っていう時間なんだよ?」

「これまでの時間一生懸命働いて、これからがお楽しみの時間じゃん!食事や飲み会、カラオケに繰り出す時間だよ? これを手放したらもったいないじゃん!」

先生曰く、人生80年を1日の時間で換算
20歳だったら朝の6時。ようやく起き始めて「これから1日頑張るぞ!」という時。
40歳だったら正午。残り半分頑張ろう!という状態。

聞いていて、なるほどなと感心しました。

そしてこれを聞いた相談者の、これまで張り詰めていた声が一転、ほっとした柔らかい口調になったのも印象的でした。

私の人生、これからが後半戦

先生は人生80年で換算していましたが、私は90年で換算。
つまり46歳の今、これからがまさに後半戦だなぁと。

そして、私のお楽しみタイム(夜6時)は約70歳から。
一体どこで、どんな風に過ごしているんだろう?

願わくば、南の島で暮らしていたい。
そんなお楽しみ時間を目指して、人生後半戦も頑張ろう!
楽しく生ききるぞ!

-人生・セミリタイア

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5