*当サイトはプロモーション広告を含んでいます

占い師になる方法

【占い師になる方法-3】占いの種類(命・卜・相)の選び方・使い分け

2022-11-07

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

私の「小さな起業」の1つとして「占い師」をしています。この記事では、占いの種類と選び方・使い分けについてお伝えします٩( 'ω' )و

→ 「占い師になる方法」カテゴリーはこちら

こちらもCHECK

適職・ライフワークを診断します

鑑定の受付を一時中断しております。再開まで今しばらくお待ちください。 こんにちは! MIYA(@mi ...

続きを見る

占いの種類

占いの種類は、「命術(めいじゅつ)」「卜術(ぼくじゅつ)」「相術(そうじゅつ)」の3つに分けられます。そして3種それぞれに様々な占術が存在します。

独自の占術を開発していらっしゃる占い師もいらっしゃいますが、ここでは一般的な占術をざっくり紹介します。

命術(めいじゅつ)

命術とは、生年月日、出生時間・出生地等のデータを元にした占術で、誕生時の太陽や星、天体の位置などからその人の運命を読み解きます。生まれ持った資質や基本的な性格、仕事運や金運、恋愛運など、一生変わらないものを占う際に使用します。

さらに、現在進行中の太陽・星・天体の位置と、生まれ持った星の位置を重ね合わせることで現状や今後の運気、次の転機などを占ったり、家族や夫婦のデータを用いて家庭環境や相性などを読み解くこともできます。

主な占術は以下の通りです。

ホロスコープ、四柱推命、六星占術、紫微斗数、九星気学、宿曜、算命学、数秘術など

卜術(ぼくじゅつ)

卜術とは「意味のある偶然性(シンクロニシティ)」を利用した占術です。質問内容に対してその場でカードやダイスなどを展開し、その内容から結果を読み解く方法です。

例えば、「明日は外出と自宅待機、どちらが良いか」「彼は自分をどう思っているか」「来週の運気の流れ」など、流動的であり、比較的短期間・近未来の内容を占うのに適しています。

主な占術は以下の通りです。

カード占い(タロット・オラクル・ルノルマン)、ルーン占い、易、アストロダイス、ホラリー占星術など

相術(そうじゅつ)

相術は、ものの形や見た目などから占う方法です。例えば人の手や顔からその人が持つ性格や傾向、運気・運命を、家の状態からは吉凶や与える影響などを読み取ります。

人の性格や運命、外部からの影響などは命術でも占えますが、異なるのは「相術」は年月を重ねるごとに、或いは環境によって変わっていくものであることです。引っ越す方角や家具を置く配置などで運気の流れを良くしたり、欲しい運気にまつわる線を手のひらに書いたり、メイクによって運を呼び込む等々、ある程度の範囲で意識的に導くことも可能です。

主な相術は以下の通りです

手相、人相、風水、家相、姓名判断など

 

占いの選び方

たくさんの占術があるのはわかったけれど、占い師になるには一体どれを選んだらいいのか?迷うかもしれません。

結果から書くと「絶対にこの占術をやらなければいけない」という決まりはありません。が、ここでは私自身の経験上での「お勧めの選び方」について記載します。

流行りよりも自分が楽しいものを選ぼう

どの占いを選ぶのも自由ですが、強いて言うならば、自分が好きなもので、楽しんで勉強し続けられるものを選ぶと良いでしょう。

どの占術にも共通して言えることですが、「ここまで学んだらもうおしまい」ということがありません。学べば学ぶほど、知りたいことがどんどん増えていきます。よって、面白いと感じるものでないと続かない可能性があります。

もちろん、占術にも流行りや人気、認知度の高低はありますが、ニーズよりも自分の興味を優先することをお勧めします。

別の種類を組み合わせよう

1つの占術を深堀りしていくのも良いことですが、別の種類の複数の占術を身につけておくと幅広い悩みに対応できるようになるでしょう。それも、命術と卜術、命術と相術といった、別の種類のものがお勧めです。

例えば仕事の悩みでも、その人が持っている適性・適職を占うのであれば命術が適していますし、A社とB社どちらが良さそうかという悩みなら、命術で会社との相性を見たり、卜術でカードを展開することもできるでしょう。相談内容や占う環境(スペースや時間)によって臨機応変に使い分けられるよう、選択肢を持っていると強みになります。

もちろん、同じ種類の占術を複数手掛ける占い師もたくさんいらっしゃるので、必ずこうしなければいけない、ということではありません。勉強や鑑定を進めていくうちに、必要なものが見えてくる可能性もあります。

初めから「これとこれ、これもやらなきゃ!」と気負いすぎず、好きなことから始めていきましょう٩( 'ω' )و

 

まとめ|好き、楽しいと感じる占術から学び始めてみよう!

占いをやりたいけれど、どの占術にするか悩む場合は、入門書を眺めてみたり、実際に鑑定を受けてみるのもアリでしょう。

どの占術を選んでも、そして組み合わせても自由なのが面白いところであり、難しいところですが、最初は「好き」「楽しい」の気持ちを大切に選んでみましょう٩( 'ω' )و

 

こちらもCHECK

【適性・適職診断】見つけたいよね、一生モノの仕事

このサイトでは、占星術を用いた適性・適職診断を提供しています。(現在受付休止中。再開まで今しばらくお ...

続きを見る



-占い師になる方法