セミリタイア生活

こんなおばあちゃんになりそう -小笠原洋子さん、1日1000円・団地暮らしの老後ライフ -

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

婦人公論の小笠原洋子さんの記事を見て、自分の老後ってこうなってるっぽいと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「人生後半は自由に動きたい」と45歳でリタイア

「人生後半は自由で動ける立場でいたい」と、小笠原洋子さんは45歳でリタイア。私も同じく、45歳で正社員を辞めました。

だよねー、体の自由が利く内に好きなように動きたい。特に私達の年代なんて、下手したら定年が70歳。親世代のように、「定年後に旅行しよう!」「好きな趣味を始めよう!」なんて無理。気力の前に、体力がもうないよ。健康かどうかもわからないし。健康であっても、歯も目もボロボロかもしれないし。

だったら動けるうちにリタイアして、自分のペースで好きなことやりたいよね。

パースにて。カッコつけてるけど脚太っ!

 

70歳くらいでしぬ→実は生きている、みたいな

「てっきり自分は70歳くらいで死ぬと思った」→「生きてる」にも納得。

私の理想は、海外放浪中に象に踏まれるか、ピラニアに食われるか、銃撃戦に巻き込まれて最後を迎えることなんだけど、もしかしたら長生きしちゃうかもしれない。うちの家系の女性は皆長生きなんですよ。

運よく海外放浪を生き延び、70歳くらいになったらもう無茶な冒険はしないだろうな。こんな風に穏やかな顔をしながら、でもSNSやブログ、動画で発信してそう。(笑)

 

自然と節約生活になりそう

小笠原洋子さんのように、「1日1000円」「収支を記録」なんて細かい管理はできないと思うけど、私も食が細くって、モノが増えるのが嫌い。今でさえ友人は少ないから、その歳になったらもっと交際費もかからないだろうし、服ももう買う必要ないだろうな。

化粧やスキンケアも今の時点でもあんまりしてないし。生活費以外、お金を使うところがなくなりそう。

住まいも今住んでいるレオパレスのような狭いところがいい。団地で暮らしたことがあるけれど、コンクリ造りで和室もあるし、お風呂追い焚きもあっていいよね。こんな感じでこじんまり暮らしてそう。生き延びていたら、の話だけど...。

 

まとめ|生き残ったら、こんな暮らしなんだろうな

目標はやっぱり、海外放浪中に「あばよー!」って言いながら去ること。でも人って意外と丈夫だし、私の場合は母方のおばあちゃんがそれをさせてくれない気がする。(→たぶん強力な守護霊 ^^;)

もし生き延びた場合はこんな暮らしをしているんだろうな、と想像を働かせながらも、今日もがっつり生きまっせ!٩( 'ω' )و

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おひとりさまのケチじょうず シンプルに美しく暮らす [ 小笠原洋子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/7/7時点)

楽天で購入

 

-セミリタイア生活

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5