セミリタイア生活

【アラフィフ独女、コロナ鬱になる】お金と目的があっても、コロナ鬱にワイはなる!

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

定職なし相方なし夢だけ見ているアラフィフ独女の私ですが、どうやらコロナ鬱になったようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ふと襲ってくる、「もうシんでも良くね?」な感情

電気グルーヴの「LESS THAN ZERO」の歌詞のように、「学校ないし、家庭もないし、ヒマじゃないしカーテンもないし...」のような、ほんと無能というか、何もないなぁと思ってしまうんですよね。

 

「海外放浪する」という夢はあるものの、それが「いつ叶えられる」というのが全く見えない。「ン百万円貯めれば行ける」といった、自分の努力で叶えられるものなら頑張れるものの、外的要因で見通しが立たたない今、どんどん暗い気持ちになり、夢すらもどうでも良くなってしまいます

「なんかもう、生きていなくても良くない?」

「日本にいる限り、お金や健康の心配ばかりしなきゃならないのがもう耐えられない」

って思ってしまいます...。

 

取り急ぎの目標・生きがいなんて作っても虚しいだけ

これは去年からなのですが、取り急ぎの目標を作っても何にもならないんですよね。

株で儲ける

ブログを作ってアドセンスに合格する

海外転職する

ホロスコープを勉強する

セラピスト業を頑張る...

確かにそれぞれ頑張ってきたし、頑張っているものですが、時々ふと「私が本当にやりたいのはこれじゃない」ことを思い出してしまい、虚しくなります。

ドリアン(猫山王)が食べたかったのに、近くのコンビニのおにぎりで取り敢えずの空腹をごまかしておく、みたいなものです。「生きる」ための栄養は満たされても、心が全く満たされない。

まとめ|お金や目標があっても、コロナ鬱になる人はなる

コロナ鬱というと、「職がなくなった」「お金がない」「自粛ムードが辛い」「生きる目的がわからない」等の人がなると言われていますが、私のようにやろうと思えば仕事もできるし、お金も当面の生活分はある、これからやりたいこともあるのに、いや、あるが故にコロナ鬱になってしまう人もいるんです。

次の記事からは、こんなコロナ鬱状態にどう向き合っていくか、考えた解決策を紹介していきます٩( 'ω' )و

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

-セミリタイア生活

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5