仕事

転職先の印象は「四角いタイヤで走っている」

2021-04-05

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

入社3日目にして、色々見えてきました。

四角いタイヤで走っている感じ

ホロスコープサイトで一度占ったのだけど、最初に所属しているB社はまさに、「四角いタイヤ」で走っている感じ

急成長している(させようとしている)分、色々追いついていないような...。体制に限界があるし、これからやろうとしていることにも無理がある。

先へ、先へ、の思いがありつつも、根っこが全然できていないから、まさに四角いタイヤでボコボコと走っている。アクセルは思いっきり踏んでいるのに、全然進まない。力入り過ぎ、みたいな。

古い会社の良い所が見えた

夢は本当に大きくて、だから私のような未経験の人でもポテンシャルを感じて雇ってくれたんだろうけれど。必要なのは夢を叶えられそうな人だけじゃなくて、根本をガチガチに作ってくれる人だと思う。

基盤なしに大きな木は育たないよ。壮大なビジョンがあるのはいい事だけど、それはあくまでも小さい規模の段階なら、の話。

大きく育てたいなら、ベクトルは未来だけじゃダメだと思う。これまでいたガッチガチの古い企業体制は確かに固まり過ぎていたところはあるけれど、やっぱりしっかりしていたんだなぁと実感。

まとめ|一緒に作っていける楽しみを

そんな体制の中、自分ができることを考えています。既に同じ部署の人はその根本作りに大変そう。

私はそうはならないよう、うまく対応していきたいな。乗っかる風で、自分で回す、みたいな。

人生も仕事も、自分で回さないと楽しくないよね。

そんなわけで、引き続き頑張ります٩( 'ω' )و

-仕事

© 2021 「旅する仕事人」サイト Powered by AFFINGER5