転職活動

【足切り回避】Web適性検査「玉手箱」を3日で攻略する方法

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

転職活動中、いきなり「Web適性検査」を受けるよう言われました。就活生ならともかく、私のような中年転職者は「ファッ!?」となるはず。

そんなあなたのために、私が実践した「玉手箱を3日で攻略する方法」をお伝えします。

はじめに:Web適性検査の種類は、URLで見抜こう!

まずは送られてきたURLを確認し、適性検査の種類を確認しましょう。「玉手箱」と「C-CAB」は同じリンクですが、「C-CAB」はIT系企業で使われることがほとんど。

IT系の企業であっても、エンジニアではなく総合職で受けるのであれば、「玉手箱」の可能性が高いです。(見分け方は次の項目も参照ください)

こちらもCHECK

【転職活動】「Web適性検査」を言われたら、まずリンクをチェックしよう!

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。 先日書いた、突然舞い込んだ課題というのが ...

続きを見る

1日目-1:「受験時間」で項目を特定しよう!

送られてきたURLをクリックしたら、即試験が始まると思っていませんか?私も実はそうでした。が、実際はIDの入力や試験の説明があり、そこに項目を見分けるヒントが載っています

例えば、以下のような表示です。
・計数テスト(動作確認○分、試験時間○分)
・言語テスト(動作確認○分、試験時間○分)...

この「試験時間○分」を見て、計数テストや言語テストの何の項目を受けるのかが判断でき、そこだけ集中的に対策することが可能です。

*表示を見るだけで引き返す(試験を中止する)ことは可能。が、一度「受験する」「受験開始する」等のボタンを押すと試験が始まってしまうのでご注意ください!

計数テスト

「四則逆算」「図表の読み取り」「表の空欄推測」の3種類のうち、1ジャンルが出題されます。表示されている試験時間で何が出るのかを見極めましょう。

9分四則逆算
15分図表の読み取り
20分表の空欄推測

但し、「図表の読み取り」と「表の空欄推測」は35分のパターンがあります。「35分」と表示があったら、その2つの対策が必要になります。

言語テスト

言語テストは、以前は3種類ありましたが今ではGAB形式かIMAGE形式のいずれかです。

15分GAB形式
10分IMAGE形式
12分長文の趣旨選択(今はほとんど使われない)

英語テスト

こちらもGAB形式とIMAGE形式の2種ありますが、いずれも試験時間は10分なのでどちらの対策も必要となります。(英語テストのない適性検査もあります)

性格検査

これは「性格」だけか、「意欲」と両方を実施する企業があります。制限時間はなく、およそかかる時間で表示されています。

性格約20分
意欲約15分

1日目-2:「玉手箱」対策の参考書を買おう!

参考書は必須

「え?参考書?」「たかだか『算数』と『国語』のテストでしょ?」と思ったあなた、甘い!

結構捻くれた問題が出ます。言語テストでは一見、「ちょっと何言ってるのかわからない」と思うような学術的な長文が出題されますし、回答も「正しい」「正しくない」「そうとも限らない」のような(GAB形式の場合)、なんともスッキリしない内容です。

計数テストも一瞬どこの数字を見たら良いのか、どう計算をしたらいいのか悩みます。参考書を買って同じような問題を繰り返し解き、コツを掴む必要があります。

お勧めの参考書

この2冊を買って、交互にやりましょう。

↓この本は王道。慣れるまでちょっと大変。でも繰り返しやると絶対にコツが掴めるようになる。


↓こちらの方が難易度優しめ。最初の本をやり込んで、こっちをさらっと流して、といった使い方がお勧め。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2023年度版 Webテスト1 完全対策【玉手箱シリーズ】 [ 就活ネットワーク ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/2/15時点)

楽天で購入

 

1日目-3:大きな電卓を買おう!

これまた「は?電卓?」「いやいや、スマホに電卓機能があるし!」と思ったでしょ?残念ながら、スマホの電卓機能はこの検査には向かないと思います。

かといって、家にある小さな電卓も向かない。経理の人が使うような、大きめボタンと、きちんとした機能が付いた電卓を買うのがお勧めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電卓 12桁 早打ち 大型 多機能電卓 電卓 経理 実務電卓 電卓 大きい
価格:2600円(税込、送料無料) (2021/2/15時点)

楽天で購入

 

計数のテストでは、タイトな時間制限の中で、ガシガシ計算を計算をしていかなきゃならないので、ちょっとした押し間違いが命取り。ここはケチらず、大きめの電卓を買いましょう。(私はダイソーで買ったのですが、これもお勧めしません...また別記事にします)

 

2日目&3日目:ひたすら実践を繰り返そう!

これだけのモノを揃えたら、あとはひたすら参考書の問題を解きましょう。解き方のコツが掴めてくるはずです。

計数の問題に迷ったら...

桐生SPI対策チャンネル中の「玉手箱」の動画がお勧めです!「何を何で割るのか?」「表のどこを見たらいいのか」等、基本的なところから立ち戻らせてくれます。

参考書を立てて問題を解こう

実際の試験では、パソコンの画面を見ながら問題を解きます。なので、ある程度の段階になったら参考書を立てて、本番と同じ視線の置き方で解く練習をすることをお勧めします。

まとめ|「玉手箱」は項目を特定すれば短期間での攻略が可能

転職者の場合、即戦力になる経歴があるのに適性検査で足切りになるのは何とも悔しいですよね。

急に適性検査受験を指示され、期限が設定されていると焦ってしまいますが、「玉手箱」は項目を特定し集中的に対策することで短期間での攻略が可能になります。

しっかり対策をして、乗り切りましょう!

-転職活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5