*当サイトはプロモーション広告を含んでいます

占い師になる方法

【占い師になる方法-4】占いの勉強の仕方

2023-01-02

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

私の「小さな起業」の1つとして、「占い師」をしています。この記事では「占いの勉強の仕方」についてお伝えします。

→ 「占い師になる方法」カテゴリーはこちら

こちらもCHECK

適性や適職・ライフワークを診断します

鑑定の受付を一時中断しております。再開まで今しばらくお待ちください。 こんにちは! MIYA(@mi ...

続きを見る

学習法の種類

独学

独学は時間や場所に縛られず、自分のペースで学習できるのが特徴です。本やインターネットから情報を収集したり、売り切りの動画講座を受講することもできます。

難点は、不明点を質問できる場がなく、場合によっては誤った知識のまま学び続ける可能性があることです。

独学の場合は、ある程度知識が身に付いた段階で他と擦り合わせをすることをお勧めします。

例えば、講師に質問ができる単発講座を受講したり、プロの占い師の鑑定を受け、他の人と自分の解釈の整合性やズレを認識すると良いでしょう。そうすることで軌道修正が行え、より知識が深まっていくでしょう。

講座を受講する

「独学では続かない」「理解が難しい」という人は、講座を受講すると良いでしょう。今は通学のみならずオンライン対応の講座もあるので、選択肢もより広くなっています。

講座の選び方については、私の経験を記事に纏めたので参考になれば嬉しいです。

・ホロスコープ(西洋占星術)の講座の選び方

 

お勧めの学習法(私の体験)

私が実際に経験し、結果的に良かったと思うのが以下の流れです。

独学で基礎知識を習得

ホロスコープに興味を持ち始めてから、まずインターネットや本で「西洋占星術とは」「ハウス・サイン・天体・アスペクト」などについて頭の中に入れました。

この辺りは講座でも教えてくれますが、基本的な用語や特徴を知っておくことで、その後の流れがスムーズになりました。

ホロスコープの鑑定を受ける

基礎的な知識を身に付けた後は、実際プロに鑑定してもらい、自分のチャートの読み方を掴みました。本やネットで得た「1ハウス・月」「金星・双子座」といったバラバラな知識を総合的にどう見ているのかを知ることができました。

単発講座を受講

鑑定を受けた後、ホロスコープへの興味は深まったものの、本格的に勉強を始めるかどうかはまだ悩んでいました。

なので、1日で完結する講座4回で完結する講座を受講し、様子を見ることにしました。

継続講座を受講

単発講座受講の後、「基礎からきちんと学びたい」「人のことも鑑定できるようになりたい」気持ちが固まり、「入門」「応用」「プロ級」と3段階提供している講座を受講することに決めました。


以上が一通りの流れです。

私の場合、まず自分のできる範囲で基本的知識を身に付けた後、鑑定や講座でその知識をさらに深め落とし込めたのが良かったと感じています。

この流れが絶対ではなく、人によって適性や環境は異なりますので、あくまでも参考にしていただければ幸いです٩( 'ω' )و

 

勉強は永遠に続く

講座は「一回受講すればおしまい」といったことはなく、学びは永遠に続くと考えた方が良いでしょう。鑑定を始めるようになってからもスポットで知りたい事項を本で学んだり単発講座を受講しています。

目指す方向によって、どのような本や講座を選ぶかは変わってきますが、学べば学ぶほど、鑑定すればするほど知りたいことは山のように積み上がっていきます。勉強とは一生のお付き合いになるので、性急になり過ぎず、1つ1つ地道に知識と経験を重ねていくことを大切にすると良いでしょう。

 

まとめ|目的を定め、少しずつ学んでいこう

繰り返しますが、こうすべき!と言った決まった勉強法はありません。

ただ大切なのは、目的をきちんと定めておくこと、そしていきなり全部から始めるよりも、できる範囲から手を付け積み重ねていくこと、その方が遠回りのように思えて実際は効果が大きいように感じています。

お勧めの本や講座に関する情報は、ホロスコープサイトのカテゴリーにも纏めていますので、参考にしていただければ嬉しいです ^^

 

こちらもCHECK

【適性・適職診断】見つけたいよね、一生モノの仕事

このサイトでは、ホロスコープ(西洋占星術)を用いた適性・適職診断を提供しています。(現在受付休止中。 ...

続きを見る



-占い師になる方法