転職活動

【海外転職】私が使っている3つの求人サイト

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

今日の記事では、東南アジアでの転職をターゲットにしている私が、海外転職活動で使っている求人サイトを紹介します。

Working Abroad (Daijob.com)

まず最初に登録したのが、Working Abroad (Daijob.com) 。下の画像は、トップページの求人検索画面なのですが、私がターゲットとする東南アジアの求人が豊富なことがわかるかと思います!

 

 

さらに、東南アジアの国別数の案件ですが、以下の通りです。

ベトナムが多いですね!続いてはタイ。私がターゲットとしているインドネシアも、そしてマレーシアもその後に次いでいます。
東南アジアをターゲットにする人には、いい求人サイトかと思います!

カモメアジア転職(Kamome.asia)

次に登録したのが、カモメアジア転職(Kamome.asia)です!こちらも東南アジア方面の求人数が豊富です。

 

 

私がこのサイトに登録した理由は、前項のWorking Abroadではフィリピンの案件が少なかったからです。11月27日の時点で、フィリピンの案件はWorking Abroadが9件なのに対し、カモメアジアでは94件ありました。

そしてカモメアジアは、中国案件にも強いです。求人サイトによって、強みとする国や範囲が変わってくるので、ターゲットとする国によって複数登録や、使い分けをした方がいいですね。

ABROADERS CAREER

もう1つ、アジアの求人に特化したサイトに登録しました。ABROADERS CAREERです。こちらは、私がターゲットにするインドネシアとフィリピン案件数が割と多いんですよね。

 

 

それから、こちらのサイトでは今日現在、タイの求人数が145件と他のサイトに比べやや少ないのに対し、ベトナムは305件、さらに国に至っては5,000件を超える求人が上がっているので、中国やベトナムをターゲットにする人には良いサイトかと思います。

まとめ|アジア特化の求人サイトも、強みは様々

「アジアの案件中心の求人サイト」と言っても、各サイトによって強みとする国が違うなぁと改めて思いました。今、ターゲットとしているフィリピンも、一番最初に登録したWorking Abroadでは案件数自体が少なかったのです。だから全く視野に入っていなかったんですよね。

とはいえ、色々なサイトがあるからといって登録しまくると、履歴書・職務経歴書の登録だけでも面倒。DMもたくさん来て、捌くのが面倒になってきます。

なので、登録する前に、自分のターゲットとそのサイトの強みが本当に合っているのか、よく吟味することが肝心ですね。引き続き海外転職、頑張りましょう!٩( 'ω' )و

-転職活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5