転職活動

【転職活動にあたって】こんなエージェントには気をつけよう!

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

海外転職にあたって、色々なエージェントと面談をしました。ほとんどがきちんと話を聞いてくれ、適切な案件を紹介してくださるのですが、中には「えっ」と思うような人も。今日は私が経験した、気をつけたいエージェントについて記事にします。

面談前|送られた求人票に疑問

このエージェントは、とある海外転職サイトから求人応募をした際に、連絡を受けた会社。

メールで面談の日時をセッティングし、面談前日に「こういった案件はどうですか」と、いくつか求人票を送ってくれました。が、内容を見ると明らかに自分の意向と違うものが。

私は海外での就労を希望しているのに、日本国内の案件ばかり

「おかしいな、履歴書にもはっきり書いたのに」。それでも何か意図があるのだろうと、面談の日に聞くことにしたのでした。

面談中|人の話を聞かない担当者

お勧めされたのは、人が応募しない案件

そして面談当日。最初にざっくり話をして、どこか雑というか、「あまり人の話を聞かなさそうな人だな」というのがわかってきました。傾聴力がないというのかな?

勧められた国内案件については、「他の人が応募しないような、穴場のような案件」とのこと。確かに、家族を養っているお父さんには厳しい給与設定。
そして結構辺鄙な場所。誰も応募しなさそう。

そして肝心の職務内容。会社自体は確かに海外事業をしている。でも、募集しているのはバリバリ海外担当でもなく。
あれ?これって3月に辞めた会社のパターンでは...?

応募者の希望よりも、売りたい案件の押し付け?

担当者からすれば、「これならあなたのスペックでも余裕で受かりそうな案件」ってことで勧めたんでしょうが、私の目的と全く違う。

私は別に、働ければ何でもいいわけじゃないし、正社員になりたいわけでもない。そもそも海外に行きたいだけ。海外に行く方法が今、海外転職しかないからトライしているのだ。

何故私が海外に...なんて話をしても意味がないので、「履歴書に書いた通り、海外での就労希望なんです」と伝えた。そうしたらまぁ、海外では年齢がどうの、学歴がどうのという話になり、「あなた(ごとき)の条件で受け入れてくれる、この国内案件で手を打ったほうがいい」といった感じでプッシュしてきた。

うーん、応募者の希望は全無視なのね(笑)

面談後|極端な案件を送られまくる

そして面談後、いくつか求人票が送られたのだけど、これもまた酷かった。

「海外ならいいんでしょ!」「お望み通りの海外求人よ!(怒)」とばかりに、私の経歴やスキルとは全く関係のない、そして待遇が酷い案件を送ってきた。

いくら海外に行きたいとはいっても、これではあんまりだと思いきっぱりお断りをすると、今度は「じゃあ、これならいいんでしょ!」と言わんばかりの、めちゃくちゃ高待遇の海外案件の求人票を送ってきた。月収が50万とか、60万とか。受かるわけないでしょう!

そしてこれもまた私の経歴と全然関係ないどころか、私、応募要件満たしてないよね?大卒以上ってあるよ?30代希望ってあるけど?

あなた、応募者どころか、募集している会社のことも全然見てないよね?

まとめ|色々なエージェントと話をしよう

今回私が良かったと思ったのが、既にいくつかのエージェントと面談済であったこと。この人が最初の面談者だったら、「あなたのスペックじゃ海外は無理!」の言葉、信じちゃいそうだもの。(それでも私は諦めないけど)

転職エージェントが勧めてくる案件が、本当に自分の経歴や適性、意志を慮っているのか、それともただ案件を押し付けて成約させたいだけなのか、それをしっかり見極めることが大切。

もちろん、自分の希望通りの案件なんてないから妥協も必要だけど、でも「全部却下」なんてエージェントの話は聞かなくていい。いかに話し合って、折り合いをつけて、その上で「こういう道もある」と提示するのがエージェントの役割だと思う。自分の意見の押し付けじゃなくて。

各エージェントによって、強い分野や弱い業種等様々なので、色々なところに登録して、話を聞くことをお勧めします!転職活動、頑張ろう!٩( 'ω' )و

-転職活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5