人生・セミリタイア

【人間観察】子宮系女子や暗い婚活者、辛い派遣社員が気になる

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

やらなきゃいけない事はいっぱいあるのに、何故か興味深い、人間に関する情報を見てしまう。そんな記事です ^^;

子宮系女子って何!?

私も占いは好きだし、目に見えない気や力が働くことも信じています。
でも、それにお金が絡むと急に現実的になるというか、「いや、それは違うよね」って冷めるし覚める。熱くなるようでいて、冷静冷徹なアンテナが自分にはあると思います。

今日のニュースで小林麻耶の降板・事務所退所の話が出ていたけれど、なんやの子宮系女子って!(笑)。どなたかが指摘していたけれど、子宮は臓器の1つ。何ら感情はないし、痛みがあったら医者に行こう!

見えないものを使うって、原価がかからないからいいですよね。
それに、子宮とやらで何かを感じることができなかったとしても、それは「個人差」とかなたはまだ修行が足りない」「愛が足りない」とか言ってりゃいいんだから、楽ですよね。

そもそも、子宮系女子を謳っている人がもう、女子って年齢じゃないよ!
おば...ご婦人じゃないの?

そんな活動にン十万のお金を払うよりも、美味しいものを食べたり、好きな人とデートをした方がよっぽど気持ちや体にいいと思う。

暗い婚活者

アラフィフ世代で「年齢=彼氏/彼女いない歴」の方を発見(えっ、もしや魔法使い?)。結婚相談所に登録し、婚活しているようです。

が、その人のブログを見るともう...

とにかく暗い!

暗すぎるんだよぅ...

見れば仕事に対する不満、日々に対する愚痴、自分はダメだとか、ネチネチ、イジイジ。時々お見合いもあるみたいなんだけど、いやー、無理よ。暗いオーラ出てる奴はあかんて!

こないだテレビで、働いたことがない13歳年上の男性と結婚していた女子を見たけど、幸せそうだったよ。奥さんがバリバリ働いていて、夫は家事や子育てを楽しんでいる。
結婚する前も、シャレオツなデートは一切なかったけど、常に男性は明るくて、公園デートや安い居酒屋デート(→支払いは奥さんだったとか。笑)を楽しんでいたとか。

虫も人も、明るい場所にしか寄って来ないよ。
てか、なんで結婚しようと思った?結婚したら何か変わるとでも?いや、こんな人にはまず人が寄って来ないし、結婚してもどうせ相手に不満や愚痴だらけだよ。

まず1人でも、毎日楽しいと思える日々を過ごせなくちゃ、相手がいたって同じだよね。同じようなネチネチ・ジメジメの人しか寄って来ないよ。

辛い派遣社員

派遣社員が辛くて辞めて、今某配達員をやっているけど、それも稼げなくて辛いって人を発見。
どうしてそんなに辛いのか。

そもそも、派遣社員ってそんなに辛い?

派遣社員だろうが正社員だろうが、自分が「これだ!」と思う仕事をしようとしないから辛いんじゃないのかな?仕事選定の基準が、業務内容じゃなく、ただ「お金が良さそう」とか「楽そう」で選ぶから不満が出る。

好きで選んだ仕事内容じゃないから、ただ「言われた通りにやります」「時間内は働きます」とやる気のなさが出る。それが周りにも伝わって、人間関係も悪くなる...そんなことはないのかな?

生活費等を考えたら、仕事選びはまず「収入」を考えなくちゃいけないのもわかる。でも、せっかく働くんだから、1日8時間、1日の3分の1の時間を費やすのだから、自分が「これが覚えたい!」「これをやりたい!」と思う仕事をした方がいいんじゃないかな、そう思います。

まとめ|「まず自分」を持っていた方がいい

無職じゃなければ、こんなにも色々な情報に触れることもなかったので、有難い期間だなと思います。特に今年は、コロナ問題と大統領選、年末には風の時代?の始まりとあって、話題豊富ですよね。

3つ挙げた事例で共通して言えるのは、『まず自分』を持っていた方がいい」ということではないでしょうか。「まず自分」を持っていれば、他人から子宮がどーのと言われようが関係ないし、自分に合う人を探すよりも「まず自分」を磨こうと思うんじゃないでしょうか。

「まず自分」が何をやりたいかを問えば、打ち込める仕事が見つかり、納得のできる環境や収入を得られるのでは?

情報が溢れている分、何かしら強い力や強い発言に引っ張られたり、他人と差がわかって比較が容易にできてしまいますが、「まず自分」さえブレなければ、情報に流されることもないのかと...。

私も時々ブレそうになるときはありますが、「まず自分は海外に行く」、これをしっかり持っておこうと思います ^^

-人生・セミリタイア

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5