地元活動

【初めての名刺作成】「デザイン」と「肩書き」を考えるのって難しい!

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

最近、地元でお会いする方が増え、「お名前は?」と同時に「名刺は?」と聞かれることが増えました。
名刺っつったって、私はただの無職、ノージョブです(カッコよく言えば「フリー」だけどさ。笑)。所属する会社も団体も、肩書きもなんもない。

でも確かに、人と会うのに自分を名乗れるものが何もないと不便。
そんなわけで、個人用と地域サイトPR用の両面の名刺を作成することにしました。

デザインってどう作るの!?

名刺作成ショップのホームページを見ると、「イラストレーターのデータでもOK」と書かれていたのですが、そんなソフト、うちのPCに入っていない...。

仕方がないので、手帳の空いているページに、手書き(シャーペン)で「大体こんなイメージ」を書きました。

個人情報満載なので、実際に書いたものをここに挙げられないのが残念ですが、一言で言うと「ふざけんな!」と言われそうなクオリティです。落書きか!って感じ。

大手チェーン店にあっさり断られる

ま、そんなクオリティで足元を見られたのか、「は○こ屋さん21」にはあっさり断られました。

いろんな理由を並べ立てられましたが、結局のところ「こんな素人、しかも個人レベルで金にもなりそうにない奴の仕事はしたくない、面倒臭い」ってのがありありと出ていました。

そう言えば、フリーランスって色々な場面で見下されたり、足元見られて悔しいを思いをすることが多いと聞いたことがありますが、こんな感じなのかなぁと、ぼやっと思いました。

ま、こんなヤル気のない人に頼んでもロクなものができないと思い、気持ちをさっさと切り替えました。

ヌクモリティ溢れる地元の名刺屋さん

次にネットで調べて訪れたのが、地元の名刺屋さん。

ここでも見下され&拒否られるのかと思いきや、あんな幼稚園レベルの落書きに対してもきちんと対応してくれました。
やっぱり地元だよね!

おまけに仕事が早い!
その日のうちに版下を送ってくれました。

校正で気づく情報漏れ、そしてやっぱり肩書きは必要

が、出来上がった版下を見て、「しまった!肝心な地域サイトのブログ名が抜けてた!」と(→アホ

そして、個人用の方も名前と経歴と連絡先だけだとなんか怪しい...。
何か肩書きを付けておいた方がわかりやすいのでは?

悩みに悩んで付けたのが、「English Coordinator」

かなり無理くりな和製英語だし(笑)、こんな肩書きあるのかなぁと思ったものの、EnglishもCoordinatorも、日本語でも馴染みのある言葉だから、ひと目見て何ができる人なのかがわかりやすいかなと思いました。

それにこの肩書きなら、英語に関する色々なもの(海外営業、通訳、翻訳、TOEIC等々)を網羅でき、自分がやってきたこと全てを含められるようにも思いました。

ついに完成!

校正の版下は、パソコンで作成し直しました。
最初からパソコンで、例えばパワポ等で作っておけば良かったんですよね。

そして完成品がこちら!(地域サイト用の面だけですが ^^;)

アドセンス挑戦の時にアドバイスを頂いた方と、今でもTwitterを通じて交流しているのですが、その方のアドバイスでサイトのQRコードを入れました。

こう改めて完成品を見ると、可愛いですね。
(親バカか!

まとめ|無職でも人脈作りには名刺があったほうがいい

何にも所属していないし、これというプロフェッショナルでもない、それに最近は簡単にライン等で連絡交換ができる時代。今さら紙の名刺なんて作る必要もないかな、と思っていたのですが、やっぱり初対面の人に対し、自分が何者かを名乗るには名刺があった方がいいと思いました。

そして、素案はパソコンでの作成を強くお勧めします!(笑

そしてフリーランスの名刺例もウェブなどで上がっているので、参考にすると良いと思います。少し馴染んだら、もっとお洒落なデザインを考えたいですね ^^

-地元活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5