地元活動

地元のボランティア参加、3つを検討中

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

10月は地域を知るためにイベントや講座に参加していたけれど、11月は地域のためになることとして、ボランティア参加を検討中。

以下、検討中の3つについて記事にします。

カヌーでの川の清掃活動

記事のタイトルには「3つを検討中」としていますが、実はこのボランティアには既に申し込みました。

先日のこの記事にも書いた通り、「清掃もいいけれど、自分の経験(海外・英語)や資質(声)が生かせる活動を探したい」と思っていました。が、自分1人で探すには限界もあり、「そうだ、この活動に参加している人に聞いてみよう!」と思い当たりました。

地域内の活動って横の繋がりがあると思うし、他の活動にも参加している人がいると思うんですね。
実際に活動している人と話をすることで、自分が「これだ!」と思う活動のヒントや情報が得られるかも。

あと、自分の星(ホロスコープ)にも「『水』と関係のある仕事や活動が向いている」と出ていたなぁと。(→単純!

担当者に連絡したところ、早速返信がありました。
来週末から参加します!

本の読み聞かせ

正直、悩みました。
本を読むのは好きだし、子供に読み聞かせるのは全然構わない。でも運営側の大人達とうまくやっていける自信がなくって。

女性集団のドロドロは勘弁。
やたら肩書きやバックグラウンドを自慢する年配の人も勘弁。
(出身大学がどうとか、元ナントカの役員だったとか、関係なくない?今はただの萎びたオッサンやろ、と思う。。。)

これは数週間後に説明会があるので、参加を検討中。
穏やかな人達の集まりだといいな。

地域在住の外国人に日本語を教える

「地域在住の外国人に日本語を教える」
そんな活動をしているサークルを見つけました。

「海外経験や英語が生かせるかも」と思ったけれど、「英語で大丈夫なのか?」と一抹の不安が。
役所のページで、居住外国人の国籍を調べたら中国国籍の人が多かったんですよね。

他の国籍を見ても、欧米人は少ない。
東アジア、東南アジア系が多いんです。

私が英語が使えたとしても、相手が使えるかはわからない。。。
これも数週間後に説明会があるので、参加して話を聞いてみようと思います。

まとめ|まず飛び込んで、ニーズを知り人脈を作る

10月は「イベントや講座への参加で、友達や人脈が作れれば」と考えていたのですが、なかなか難しいことがわかりました。

社会人の「異業種交流会」等でも言えることですが、会ってただ名刺交換しただけで、「はい人脈!」じゃないんですよね。
やっぱり、時間をかけて一緒に何かを成し得たり、同じ方向性を向いている人じゃないと友達や仲間にはなり得ないですよね。

11月に参加する活動は、「地域のために」「人のために」と考えている人達の集まり。
活動の内容は違っても、根底の方向性は一緒だと思うので、話ができる人が見つかればいいなと思います。

-地元活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5