地元活動

来月は「イベント」ではなく「活動」をしよう

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。
今日の「気付き」を記録します。

1. Twitterでのやり取りで「気付き」が

地元サイトのTwitterで、川の清掃ボランティアをしている人とメッセージのやり取りをしました。
週3回、カヌーに乗ってゴミを集めているとのこと。
確かにたまに川でカヌーを漕いでいる人を見かけていましたが、清掃ではなくレクリエーションだと思っていました。

今月はイベントや講座に出て、地元の事を知ることができました。
それはそれで良かったし、大切なことではありました。

が、それが「地元のために」繋がっているかというと、そうではない。
自分の「学び」にはなったけれど、人のために、地域のためにとなるとまた別だなと。

2. 自分に合った活動は?

川の清掃も大切なこと。

でも、私のこれまでの経験や、私が持っている資質、得意なこと、それが生かせる活動をしたい。
そんな気持ちになりました。

例えば、海外経験や英語の能力を生かして、市内に住む外国人のためになる活動とか。
声の経験を生かして、声を使った活動をするとか。

私ならではの活動、
私にしかできないこと、


それを探すか、なければ自分で創ってみたい。

まとめ|来月は「イベント」よりも、「活動」重視で

来月はまた違った方向で動きます。
自分が「知る」「楽しむ」から、誰かのために、地域のために。

まずは市内の活動を調べること。
そしてその中に、外国人に関わるもの、声に関わるものがあるかどうか

他にも、地域サイトでもやりたいことがいっぱい。
来月も突っ走りそう。振り落とされないように、頑張ろう!

-地元活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5