転職活動

【海外のバンドマンからの学び】「今」を「自分軸」で、あるがままに生きても「幸せ」なんじゃない?

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

私も含め日本人って、老後も幸せに、安心で安定した生活を送るために計画を立て、貯金や積立をしたり保険に入るのが一般的ですよね。
実際、日本は自然災害が多い国なので地震保険はあったら安心でしょうし、貯蓄があればあるほど気持ちにも余裕ができますよね。

でも、海外赴任期間に全くそれがなくても幸せに生きている人達と出会ったことから、考え方が変わったんですね。この記事ではその体験をお伝えします。

海外で歌を歌うことに

きっかけはオーディション

海外赴任2年目に入った頃、仕事が本格的に忙しくなり「何か息抜きがしたい」と思うようになりました。そこで目にしたのが、現地在住の日本人向けに発行している情報誌。ここに日本語の歌が歌える人募集」との記事が載っていたんです。

細かく内容を見ると、ローカルの人が日本風居酒屋を開店するにあたり、店内にミニステージを設置。日本人のお客様を呼ぶために、毎週末の夜にそこで日本の歌のライブをするとのことでした。

日本語の歌なら任せとけ!とばかりに、元々歌が好きだった私は即応募しました。

オーディション合格

オーディションといっても、私ともう1人応募があっただけ。
しかももう1人はローカルの子で、日本語の歌が歌える子でした。

オーナーの目の前で歌って、その場で合格が決まりました。日本人の歌い手であれば、同じ日本人の友達や仕事仲間を呼ぶだろうとの見込みもあったかと思います。
実際、色々な人が来てくれて、あ、そういえばうちの親も呼びました(笑

現地のバンドマンの演奏スタイルにびっくり

楽譜・メモなし、耳コピで曲を丸暗記!?

バンド、といっても、メンバーは歌い手(私)と演奏する人(ローカル)の2人。ステージ自体2〜3畳程度の大きさだったし、ショッピングモール内のお店だったので音量的にも本格的なバンドスタイルは難しかったんでしょうね。(あと、オーナーがケチで予算を抑えてた。笑)

最初はギタリストと組んで、途中からキーボーディストに変わりました。

2人に共通することは、完全耳コピであったこと。
楽譜や歌詞カード等なしで、曲を耳で聴き、暗記して演奏していたんです。

自分が慣れ親しんでいる音楽ならともかく、聴いたこともない、初めて耳にする日本語の曲を、メモもしないで覚えて演奏するって、凄くないですか!?
この人達の才能、もっと評価されるべき!と思いました。

練習なし、当日合わせ!

日本人だったら、本番に向けてしっかりとした打ち合わせや音合わせ、練習をするのが一般的ですよね?

でも当時、私は本業が忙しく、もう1人のメンバーも他のステージがあったりで、練習する時間が取れなかったんですね。
なので、ステージの何日か前にその週末のセットリスト送っておき、新しい歌が入っている場合は、その歌のYouTubeのアドレスと自分の歌のキーを送って練習しておいてもらい、当日合わせる、というスタイルでした。

当日合わせって、今考えるとよくそんなことができたなと思います。
毎回「うまくいくだろうか?」とハラハラしていました(笑

でも、相手の演奏に合わせて自分も歌い方を変える、というのがジャズっぽくて面白かったですね。楽譜通りにきちんとやるだけが音楽じゃない、こんな自由なやり方もあるんだ、と新鮮でした。

こんな感じで歌っていました

現地のバンドマンが教えてくれたこと

あるがままに生きていけばいい

2人のバンドマン共に、各ステージ毎、その日その日のギャラで生活していることに驚きました。

もし病気になったら?怪我をしたら?
家は?結婚は?
老後はどうするの?


日本人だったらそんな心配をしますよね?

でも彼らは、「今の自分に見合った生き方をする」という考えの方が強いように思いました。

「一人暮らしをするため」「一戸建てを買うため」に高い収入を得られる職業に就く、という考え方ではなく、「今の収入に見合った家で暮らす」事を考えます。
収入が低ければシェアハウスで、ちょっと上がったら一人暮らししようかな、という感覚です。

結婚も「一緒にいたい人ができたらする」ですし、歳を取っても演奏し続けるので「老後にゆっくり」という考えがそもそもない。病気や怪我をしたら、その時その時でやれる治療をする、という考えなのです。

いつも「今」の「自分軸」で生きているんですよね。

「幸せ」「生きる」って実は単純

一方で私は、きちんと就職してそれなりの役職に就き、収入も得て安定した生活を送っているはずなのに。
気がついたら毎日時間に追われ、気持ちにも余裕がない。

幸せになるために、生きやすくするために頑張っているのに、逆にどんどん大変な生活になっていないか?

彼らと出会ったのは、そう思っていた時期でした。
喜んで楽器を演奏し、好きな音楽を語るのを見て、「『幸せ』って、『生きる』って実はもっと単純なものなのでは?」と思うようになりました。

「幸せ」や「安心」って、「努力して頑張って作る」ものじゃなくて、自分の「好き」や「やりたい」に素直になる。実はそれだけでいいのではないでしょうか。

まとめ|「今」を「自分軸」で、あるがままに生きても「幸せ」

結局、この音楽活動は半年程度で終了したのですが、この時に感じたことは今の自分に大きな影響を与えています。

結婚したら幸せ、家があったら安心。
本当にそうでしょうか?
そうである人も多いですが、そうでない人もいますよね。
幸せや安心って、他の人が決めるものじゃなくて、自分が感じるものではないでしょうか。

人の体は老いていくし、病気にもなる。
それを何とかして生き続けようとするから、老後の生活費や莫大な治療費がかかる、お金が必要になる。
自然のまま受け止めたらどうなんでしょう?それが自分の寿命であり、運命だと。
そう思ったら、「生きている今の時間を大切にしよう」「今の体を労わろう」そう思うのではないでしょうか。


海外赴任時は充実した分、体もキツくて大分負担をかけてしまいました。
だからこれからはもう、無理をしません。
「将来の為」じゃなく、「今」を受け容れ、「自分がやりたい」と思えることをやることに決めました。

「今」を「自分軸」で、今の環境を「あるがまま」に受け止めて生きる。
それでも十分幸せなんだ、そう教えてくれた彼らに感謝しています ^^

-転職活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5