地元活動 転職活動

【さあ、どんな仕事しよう?】これから地元でしたいことを考えた

こんにちは! MIYA(@miya38_freer)です。

昨日の記事で、今後について「地域の生活に沿える立場や仕事を目指す」と書いたものの、「じゃあ一体何をするの?」と具体的に考えると、色々な可能性が広がっていきます。

先日出席した講座の見直しをしながら、キーワードを拾いました。

地域の伝統産業

地域の産業といえば、「せんべい」「皮革産業」「浴衣染め」
私自身は職人には全く向いていないのだけど、「造る」以外にも関わり方があるんじゃないかと考えています。

「せんべい」は1店舗ずつレビューをしながら、皮革産業は皮革講座の受講にて、少しずつ学んで可能性を探ってみたいです。

リフレクソロジー

実は今年の夏に「足裏」と「ハンド」、それぞれ1回完結の講座に出ています。
体の仕組みが知りたかったのと、自分自身の体の歪みや肩の凝りが気になっていて、改善したかったんですよね。

あと「癒し」にも興味があります。
人を癒すことって、同時に自分も癒されることになるんですよね。
「癒し」「健康」もキーワードかな。

ツアーガイド

地元の事をもっときちんと知り、同じ市内や他の地域の人に魅力を伝えられたらいいなと思います。

そしてツアーの内容は、ただの見学・体験だけじゃなく、他にはないような驚きと感動が盛り沢山の企画を織り交ぜたい!(全米が泣いた!のようなね ^^)

色々な人やアイデアとコラボしたい。
そのためにも、もっともっと情報を集めて、人脈も広げたい。

声を使った仕事

学生の頃から「自分の声を使った活動」に興味があり、20代は実際に学校にも通ってプロを目指していたのだけど、断念。

でもその後もずっと、バンドを組んだり、ゲームやCMの音声をやったり。
ボランティアで雑誌の記事の読み上げをやったり、会社に入ってからも動画のナレーションやイベントの司会、歌を歌ったり等々、「声」との繋がりはあったんですよね。

それを今度は、人のため、地域のために落とし込む。
ボランティアじゃなくて、本格的な活動にするには何がいいだろう?

語学を使った仕事

海外経験を生かして、英語を教える仕事もいいかな。
または、市内に住む外国人に役立てる仕事や活動も考えられるかも。

私自身、もう一度英語と向き合う機会が欲しいところ。
趣味じゃなく、仕事としてやることによって、熱の度合いが変わってくるよね。

占いとかスピリチュアル系?

「いやいやいや、私、そんな能力ありませんって!」と言ったけれど、先日受講した「星の講座」の先生は「それがない人は、そもそもこういった講座を受講しません」ときっぱり。

不思議なものを感じる力とか、そんな体験もない。
占いっていっても、私は自分のことを調べるのは好きだけど、他の人のことはようわからん。
もし「仕事で悩んでて。。。」って相談に来られても、「辞めたらええんちゃうの?」ってズバッと言っちゃいそう。

うーん、これはやっぱり自分の中の能力開発に留めておこう ^^;

NPO・市政

「MIYAさんの星なら、十分適性ありますよー」と、星の講座で先生に言われたものの、NPOや市政なんて全くピンとこない!

東京都を守っている小池百合子都知事のイメージ。
いやー、同じ「ゆりこ」でも、目指すなら石田ゆり子の方がいいな。。。

NPOは大分昔に調べたことはあるけれど、あんまり大きなことになっちゃうと、そもそもどうやるのか、全く想像がつかない!

キーワードとして頭に入れておきながら、色々調べてみよう。

まとめ|可能性はたくさん

そう、可能性はたくさん。キーワードもたくさん。
だから絞り込みに時間がかかりそう。。。

地元サイトを運営しながら、アンテナを張って動こうと思う。
来年は一体何者になっているのか。
あとでこの記事を見て、ふふっ、っと笑えたらいいな。
(この中のどれかになっているか、それとも全く違う方向に飛んでいくのか。。。自分でも楽しみ)

-地元活動, 転職活動

© 2021 40代から目指す、海外放浪・セミリタイア生活 Powered by AFFINGER5